無量窯Takatam pottery art little shop

                                                 Takatam  =  Takayoshi's tampopo-boy の略です (タカタムと親しんでください)


                      

                         窯主のたんぽぽ小僧も展示会に一部並びます

                         この毎年の展示会は陶芸教室の皆さんの力作です

                         お近くの方 よかったら浪切ホール 秋の散歩にお立ち寄りください

                         作品の子供たちも喜びます(^_-)-☆

Takayoshi のたんぽぽ小僧の小さなおうち


          元である無量窯HP https://www.muryogama.com/には陶の器のコーナーPottery shopを付設し

          こちらでornament(置物オブジェ)・花入れ・たんぽぽカップなど、たんぽぽ小僧シリーズを陳列しています。

                  

1956 大阪生まれ 窯主 小山貴由

1988    無量窯築窯

器の作陶の合間に祈りの楽書画

たんぽぽ小僧かんのんさん制作

 

   4月開花の花 


左端の、築窯5年目の頃の窯主も、右端のこんな年になり、

窯ができた日に生まれた息子が空色の朝顔になって

毎夏さいてくれるようになりました。

空への元気、空からの元気のめじるしです。

その7回目の2017今夏を区切りに、

ここで生まれた作品に

縁あって巡りあってくださった方へ「ともに元気」をお届けできたらと

たんぽぽ小僧専用の小さなお店”pottery art shop"をここに開くことになりました。

 

元HPの工房にお立ち寄り下さったら嬉しいです。そちらは陶器専用のコーナー付設です

 

  

                  この小さなPottery art shop は下記  無量窯の分室です

                         

                      

                       無量窯本工房のHPは下記へ

               https://www.muryogama.com/

                        ようこそ こんにちは

小さなart-shop  Takatam へ

たんぽぽ小僧ごあいさつ

 

     こんな時代だから

     掌に乗るしあわせを

     あなたに届けたい

 

     こんな時代だから

     あなたの歩く道端の

     小さなたんぽぽでありたい

 

     みんなみんな

     それぞれの深い森を歩いていて

     歩いている森の深さも広さも

     自分がその森の

     どのあたりをあるいているのかさえわからない

 

     でも歩き続けなければならない

     ぼくは小さくて

     光のみちしるべにはとうていなれない

     でも 歩いているあなたが

     苦しくてこぼした涙を

     そばにいてせぇいっぱい咲いてたら

     微笑みに変えることはできるかもしれない    

 

     

          君と会うために

          生まれた

          たんぽぽ小僧

        

          時には観音さま

          時には地蔵さま

          時にはお釈迦さま

          時には君の大切な人

          なれはしないけど、

          …そうなれたらいいなぁと

          この人貴由の手の中で作られて

          咲きました   

                  

                 たんぽぽ小僧

        2012 たんぽぽ小僧誕生のパンフレットより


  おかげさまで 今年の即売会(下記通り)終了しました 有難うございました